桃陵公園の現況

・ 場所 : 香川県仲多度郡多度津町桃山
・ 公園の種類 : 香川県立の都市公園
・ アクセス : JR多度津駅より徒歩約20分、高松自動車道善通寺ICより車で約15分
・ 入場料 : 無料     ・ 駐車場 : 無料

・ 案内マップ上の各スポットの文字をクリックすると、各ページにジャンプします。

桃陵公園案内マップ 一太郎広場 展望台 ふれあい広場 アーチ橋 カリヨン広場 出会いの広場 成人の森 コンコース広場 アスレチック施設 多度津山山頂 猿のおり 香川進歌碑 竹田敏孝文学碑 今井浩三翁像 金毘羅さんの鳥居 駐車場 ドライブウェイ 登り口 遊歩道 遊歩道 一太郎広場の休憩所 ふれあい広場の休憩所 アーチ橋下付近の休憩所 アスレチック広場の休憩所 遊歩道北西側の休憩所 遊歩道西側の休憩所 遊歩道南側の休憩所 出逢いの広場の休憩所 多度津山頂上の休憩所 コンコース広場のトイレ 駐車場下のトイレ 出逢いの広場のトイレ 山頂のトイレ

このページのトップへ

公園のシンボル「一太郎やーい!」

一太郎やあい
(参考文献:軍国美談と教科書) 

 これは多度津埠頭でのエピソードであり、瀬戸内海を望む小高い丘にある桃陵公園には、この話にちなんで、港に向かって右手をあげる着物姿の老母の像(一太郎やあい)が建てられ、公園のシンボルとなっています。
 この公園は中世の豪族、天霧城城主の香川氏が居館を構えた本台山(ほんだいやま、通称:多度津山、山頂標高93m)の多度津城一帯が桃陵公園であり、 1931年(昭和6年)に、もともとは城郭があった場所に昭和天皇即位の記念事業として造成されたものです。

このページのトップへ

桃陵公園は「さぬき百景」のひとつ

 小高い丘の上に位置する桃陵公園には遊歩道が整備されています。
 公園の北の端にある展望台からは、江戸時代から明治にかけて金毘羅(こんぴら)参りなどの船で賑わった港をはじめとする多度津の街並みや、高見島などの瀬戸内海に点在する島々を望むことができます。
 また桜のほかにも、春にはつつじや藤、秋にははぎ、冬にはつばきなど、四季折々の姿を見せるその景観は「さぬき百景」にも選ばれています。

さぬき百景の桃陵公園
(2007年12月撮影) 

このページのトップへ

桜の名所 桃陵公園

 桃陵公園は、香川県内屈指の桜の名所であり、その広い丘陵地帯に約2,500本もの桜の木(ソメイヨシノ)があり、いろいろな場所で花見を楽しむことができます。また、桜の見ごろには「多度津さくらまつり」が開かれ様々なイベントが開催されるなど、家族連れで出かけるのには最高のスポットです。
 夜間にはライトアップされるので、昼間とは一味違った桜の夜間観賞もできます。

さくら
(2008年4月撮影) 

桜のある主な場所

 ・コンコース広場  ・出会いの広場  ・ふれあい広場  ・遊歩道
 ・今井浩三翁像  ・香川進歌碑周辺  ・成人の森  ・ドライブウェイ

このページのトップへ

当サイトについて

Copyright (C) 2007-2009 桃陵公園の歩き方. All Rights Reserved.