今井浩三翁像

 駐車場と一太郎広場の休憩所の間に今井浩三翁像があります。

今井浩三翁像の場所

桃陵公園の生みの親「今井浩三翁」の銅像

 桃陵公園は、1931年(昭和6年)に昭和天皇即位の記念事業として造成されたものですが、その生みの親である当時の多度津町長「今井浩三翁」の銅像が建てられています。

今井浩三翁の銅像
(2007年12月撮影) 

 春は立派な桜に囲まれて。カメラ目線?

今井浩三翁と桜
(2008年4月撮影) 

 ここにある桜の木は桃陵公園の中でも一番大きい木のひとつではないでしょうか。

大きな桜の木
(2008年4月撮影) 

このページのトップへ

当サイトについて

Copyright (C) 2007-2009 桃陵公園の歩き方. All Rights Reserved.