金毘羅さんの鳥居

 桃山隧道(トンネル)付近の登り口から少し登ったところに鳥居があります。

金毘羅さんの鳥居場所

金毘羅街道から移された鳥居

 江戸時代から明治にかけて多度津港は金毘羅参りなどの船で賑わい、その道中金毘羅街道の鶴橋付近にあった鳥居がこの場所に移されています。
 この鳥居は、江戸時代の有名な相撲取り「雷電為右衛門」が多度津港から訪れたらしく、その名が奉納者の中に記されていることで知られています。

(2007年12月撮影) 

このページのトップへ

当サイトについて

Copyright (C) 2007-2009 桃陵公園の歩き方. All Rights Reserved.